怪しい音

147 名前:ねころびん 投稿日:04/01/16 06:05
朝、出勤前・・・電気シェーバーが壊れた。と言っても網の部分が割れただけだった。
仕方がないので「帰りに部品だけ買いに行こう」と思い、シェーバーをセカンド・バッグ
に入れ仕事に出かけた。

その日の御堂筋線の車内はいつもの様に混んでいた。
本町から乗り込み、流れるまま奥へと進んだ。やがて、次の淀屋橋に着くと更に
奥へと押された。気が付くと、前左右と女性に囲まれてしまった。
すし詰め状態の中、セカンド・バッグが前の女性の臀部と右横の女性の腰の間に
挟まってしまった。
突然、電車が「ガクン」と揺れ、その拍子に・・・ヴイ~イイン・・・。
振動と共に怪しい音が!!
「変態だー!!変態と思われる!!」慌ててバッグを引き抜く、無常にも音は鳴
ったまま。・・・ヴイイ~イイイン・・・周りの女性の視線が突き刺さる。
「これは髭剃り機!髭剃り機なんですよ!!」と心の叫び。「証明しなければ!」
と思い、バッグを開けた。壊れたシェーバーを止めようと。
「ガガガガガガガーーーー」物凄い音がした。割れた網の部分のせいで。

変態の汚名は晴らせたものの、車内中の視線を浴びることに・・・。

次の日からは、出勤時間と車両を変えるようになりました。


これはオイラの中でワースト3に入る恥ずかしい体験でした。
オカルトではないけど、どうしても書きたかったので・・・。スレ汚しごめん。
関連記事
2017-10-10 17:23 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR