死神の話



632 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:06
えっと、じゃあ次の話は私がするわね。
じゃあ私は死神の話しよっかなぁ。

あー、今笑ったでしょ? 死神なんてベッタベタの話なんか出してきてツマンネエの
っとか思ったりしてるでしょぉ?

え?思ってないって? ホントぉに?
別に傷つかないからホントのこと言ってくれてもいいよ。
―――違うって? ふぅん。そお。
でもそんなこと思ってるよおな目してたんだけどなぁ。
あ、尚更気をつけてよね。 そんな目ばっかりしてたら、ホントに死神に殺されちゃうよ?
きゃはは。

ま、いいや。続きね。
死神って悪魔とよく間違えられちゃうんだけど、全然違うんだよ。
あたしはよくわかんないんだけど、
悪魔って、人間の魂を引き換えにして願い事を聞くって言うじゃない?
だから、契約して魂を悪魔に取られて哀しいなんて、自業自得ってか、
当然だよね?ギブ&テイクにのっとってるんだもん。

だけど、死神は違うんだよ。
死を司る神様なんだよ。この森羅万象のなかで、死のパートを担当してるわけ。
よく、なんか事故とかあったりしたときとかさ、
家族や恋人が死んじゃって『神様はなんでこんなことしたんだ』
って悲しむじゃん。外人とかは特にさ。
しょうがないことなんだよ。
死神に嫌われたんだもの。造った神様には嫌われてないけど。
あたしたちみんな死神に嫌われてないから生きてるんだよ。


634 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:07
え?なんかの宗教みたい?きゃはは。
しょうがないよね。だけど私はそう思うんだよ。
自分で経験して思ったことなんだからさ。
でね、死神に嫌われちゃったら殺されちゃうけど、
逆に好かれるとさ、今度は力になってくれるんだよ。
―――力って分かるでしょ? そう。誰かを殺してくれるんだよ。
死神の力ってそれしかないもんね。あはは。
ねぇねぇ、あなたは誰かを殺したいって思ったことある?
正直に言ってよ。

――ふぅん。無いんだ。
ひょっとして平和主義者ってやつ?へえ、そおなんだ。
でもそういう人って人とのイザゴザとか極力避けたりするべきなんじゃない?
人に誤解されるような視線送るなんて矛盾してない?
あ、別にさっきのこと気にしてないって。ジーョーダン。あははは。

え、私?私はあるよ。そっちのが自然じゃないかなぁ。
お母さんとか一回くらいは殺したいって思わない?
反抗期とか言って便利な言葉で大人は誤魔化すけどさ、
ホントの殺意だよあれは。それで子供も誤魔化せるからいいんだけどね。
『あの子は反抗期だから』って向こうから言ってくれるもんね。きゃはは。

話ズレちゃったね。
えっとね、私のクラスに八木原望ちゃんって子がいるの。
私の隣の席でね。友達誰もいなくって寂しかったから私から喋ったの。偉い?
でね、望ちゃんはいじめられっ子だったんだ。
顔もブーチャンじゃないし、バカでもないし、目立たなくって、普通の子。
だからそこが狙われたみたい。
マンガでよく描いてあるようなことされてたよ。あれ実際に生で見るとエグいねぇ。
机の上に落書きしたり、花瓶置いたりさ。鞄に猫の首いれたり。


638 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:09
でも望ちゃん、なんにも言わないんだよ。
最初は、何も言えないんだと思ったの。おとなしくしてて、納めようって思うじゃない。
火に油を注ぎたくないって誰でも思うじゃん。
あなただって人に下手な因縁つけられたくないでしょ?
だけどさ、望ちゃんは反応すらしないんだよ。怒らないし、泣きもしないし。
だからどんどんいじめはエスカレートしていったの。
あるときにはそれで授業が丸々一時間つぶれたこともあったよ。
ラッキーだろうって思う?授業中ずーっとかごめかごめ聞いていられる?

それにしても酷い話だよね。目立ったら目立ったでナマイキって言われるけど、
目立つところが何一つなくても、ツマンナイっていじめられちゃうんだもん。
いじめるほうは理由なんかなんでも良いんだろうけどさ。
誰にもいじめられなくなるとしたら、いじめる側に回るか、
ピエロになるかだよね。

私、人いじめるのは嫌だよ。偽善とかじゃなくて、メンド臭いもん。
これがばれたらどうしようって考えちゃう。そんな奴はいじめる方に向かないよね。あは。
ピエロはただのバカじゃん。うちのクラスにもいるけど。あれが一番なりたくないよ。
でもさぁ、流石にこれは酷すぎると私も思ったわけ。
ほら、友達だし?あはは。偽善じゃないってば。


641 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:10
で、放課後に望ちゃんに話しかけようとしたの。
そしたら、望ちゃんの机にはもう一人別の人がいたの。
赤川美奈子ちゃんって子。クラスの委員長さん。

美奈子ちゃんは前の中学でも生徒会長とかやったらしくってさ、
根っからの委員長体質が染みてたのね。
入学式のホームルームで先生が『クラス委員になってくれる者はいないか?』
って言ったら真っ先に手を挙げるような子だよ。

だから、自分のクラスにいじめがあるなんて嫌だったんだろうね。
彼女はこの学校でも生徒会長やりたいだろうから、あんまり先生に悪い印象を
持たれたくないとも思っていたのかもしれない。
で、二人は何か話しているみたいだったの。
ま、一方的に美奈子ちゃんが喋りつけていたよ。
二人が一瞬私のほうをみたけど、また視線を戻したの。

私は、ちょっと離れたところから二人の、いや、美奈子ちゃんしか喋ってないんだよ。あはは。
美奈子ちゃんの話を聞いてたの。

美奈子ちゃんは望ちゃんにちょっと強い口調で話してたよ。
なんでも、それまでに何回もいじめグループに注意はしてたはずだけど、
ちっとも収まらなかったから望ちゃんのところに来たんだって。

それはちょっとオカシイなっておもったけどさ、次の美奈子ちゃんの言葉聞いたら
もっとびっくりしちゃった。

「ねぇ、あなた。誰か殺したいとか思わないいの?あんなことされてんのよ!?」



643 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:11
で、二人は何か話しているみたいだったの。
ま、一方的に美奈子ちゃんが喋りつけていたよ。
二人が一瞬私のほうをみたけど、また視線を戻したの。

私は、ちょっと離れたところから二人の、いや、美奈子ちゃんしか喋ってないんだよ。あはは。
美奈子ちゃんの話を聞いてたの。

美奈子ちゃんは望ちゃんにちょっと強い口調で話してたよ。
なんでも、それまでに何回もいじめグループに注意はしてたはずだけど、
ちっとも収まらなかったから望ちゃんのところに来たんだって。

それはちょっとオカシイなっておもったけどさ、次の美奈子ちゃんの言葉聞いたら
もっとびっくりしちゃった。

「ねぇ、あなた。誰か殺したいとか思わないいの?あんなことされてんのよ!?」

いくらなんでも言いすぎだよ。クラス委員長が「殺したくないの?」だよ?
で、私は「えっ」て声出しちゃってさ、また二人が私を見たの。
そしたら望ちゃんがね、「思うわ」って言ったの。

望ちゃんがいじめに関して初めて喋った言葉が、殺したい奴がいるってことで、
私はまたびっくりしちゃったんだけど、でも、いじめられてる側からしたらそれは当然かもしれないね。

「ねぇ、あなたは?」って望ちゃんが聞いてきたの。
何で私にって思ったよ。だけど、「思うよ」って、望ちゃんに話したの。
そして、望ちゃんは私に何か言おうとしたんだけど、そこに美奈子ちゃんが間に入ってきて
「ちょっと、今は私が八木原さんと話しているから邪魔しないでくれない?」
って言うの。私がなんにも言えないでいるとね、
美奈子ちゃんは望ちゃんを連れてどっかにいっちゃったの。

ねぇ?美奈子ちゃんたちは何しに行ったか、分かる?


645 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:12
そう。ひとまず邪魔な私がいる所からはさっさと出て、
落ち着く美奈子ちゃんの家で、じっくりと体制を整えようという、
ま、妥当な作戦だよね。
なんで知ってるかって?ちょっと後をつけてみたの。

ストーカーかと思われるかもしんないけど、女の後ろを女が歩くんだよ?
それでストーカーだって判断する人いないもんね。
で、二人が美奈子ちゃんの家に入っていくところまで確認したの。
私、しつこい?あはははは。
私も委員長の人に任せられるんならそっちのほうがメンドウじゃないしね。
その日はとっとと家に帰ったわけ。

でね、次の日学校に行くと二人とも来てないんだよ。お休み。
望ちゃんが学校休むのはさ、いじめられてたからね。
1日くらい学校休んでも、そっちのが全然自然じゃん。
今まで休まなかったのがおかしい位だよ。
でも、別の理由で毎日学校に来るべき委員長の美奈子ちゃんが来てないのもさ、
あ、そりゃフツーのクラスメートは何にも思わないだろうけどね、
私は昨日のことがあったからさ、なんか心配になっちゃって。

で、お見舞いにいこうとしたの。友達思いだからさ。あは。
でもね、あ、君さぁ友達多い?あんまり突然友達の家にお邪魔したりするの、
あんまりよくないよー。ご飯食べてたり、友達がお母さんに叱られてるとこ見ちゃったりとかしてさ、
そんなん最悪だよねぇ。ちゃんとアポとってから行くようにしないと。


648 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:14
―――なんでそんなこと言うかって?さっきの例えで言えば前者のほうかな?
あたしは確かに美奈子ちゃんが昨日歩いた道を歩いたはずなのにさ、
なんか違うんだよ。なんていうか、道の感じが。
で、美奈子ちゃんの家に着いたんだけど、
その家、空家なんだよ。もうボロボロの。
で、私はこっそり中を覗いてみたの。勇気あるでしょ?あは。
丁度黄色いカーテンが掛かっている窓があってさ、ちょっと千切れてて、部屋の中が覗けて
テーブルが見えたの。なんか壷みたいなのがあるなぁって思ったの。
でも、よく見るとそれは違ったの。だってぶらぶら横に揺れてるんだよ。

美奈子ちゃんの首だったの。
首をちょん切って逆さまにしてロープみたいなので吊ってあって揺れてるの。
ロープは多分背骨だよ。背骨ってポコポコへこんでるよね。脊髄だっけ?
なにかで固定されててぷーらぷーらしてる首。
で、美奈子ちゃんはまだまばたきしてたんだ。死んではいないみたいだったけど、あれは生きてないよ。
私のほうを見たんだよ。ジッと。怖かったー。で、口だけ動かして、「にげて」って言ってるの。
私は動けなかったよ。カーテンだと思ってたらそれは美奈子ちゃんの背中の皮膚で、
白い綿みたいなものがあって、あれって脂肪なのかなぁ。いっぱい転がってたの。
血はあったのかなぁ。顔にも皮膚にも綿にも無ついてなくてさ。血は飲まれちゃったのかな?
体のパーツは食べられないもので、弄んでるって感じだったよ。



650 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/09 00:14
これで私の話は終わりだよ。
―――え?死神と何の関係があるんだって言いたい?
うーんとね。

いま、学校には望ちゃんは来てるんだよ。
美奈子ちゃんは病気で倒れたってことになっててね。
クラスの委員長は望ちゃんがやってるよ。
もう、すっごく明るくっていじめられてたことなんか誰も覚えてないくらい。
すっごくいいクラスになってるよ。
私も副クラス委員として頑張ってるしさ。望ちゃんに頼まれたら断れないじゃん?あははは。
私クラスで一番望ちゃんと仲いいんだよ。今度紹介してあげるよ。
あ、今度望ちゃんが生徒会長に立候補したら一票お願いね。良いと思うよ。彼女が会長の学校ってさ。

そうそう、君さ、あんまり人との関わりを避けようったってあんまり意味無いよー。
避けたら避けたで、偽善者から声は掛かってくるし、積極的だったりしたら、馬鹿踏むかも知んないしさ。
ま、とにかく、死神には嫌われないほうがいいよ。向こうは気まぐれだけどさ。きゃははは。

で、次は誰が話してくれるの?
関連記事
2017-09-24 17:11 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR