肉屋の娘



322 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/22 03:07
以下、コピペです

私が子供の頃に、父親から聞いた話なのですが、私の家の近くに商店街が
あり、商店街の真ん中ほどに大きな肉屋があり、その肉屋には色白で綺麗な
娘さんがいました(実際私も、何度か見ましたが、子供の私でも綺麗だということはわかっていました)。

肉屋の中には、見たことがあるかと思いますが、よく大きな冷凍庫に大きな
豚の肉が吊してあるにを見たことないですか?
子供の私にはその豚の肉が巨大に生物に見えた物です。

その肉屋の娘の年頃になり、ある日の事娘さんは、結婚し嫁いで行きました
が、1年後に離婚し、実家に帰って来てしまいました。
そのときは、「あんなに綺麗な人をもったいない」と近所の噂になって
いましたが、そんな、綺麗な女性を世間の男はほっておくわけもなく、
離婚後1年で再度、嫁いで行きました。
今度のお相手は、40歳前後の中年男性で親としてはもう少し歳の若い
男性をと願ってはいましたが、いまでいうバツイチ。はやく孫の顔も
見たい思い渋々嫁に嫁がせましたが、しかし、その結婚も長くは続かず、
今度は半年で離婚になってしまったそうです。


324 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/22 03:07
すると近所の目は、最初の結婚の時は相手が悪いように言っていましたが、
噂が噂を呼びその噂は以外とはずれては、いなかったそうです。
その噂とは、昼はとっても良く気が利く良家の娘という感じですが、
しかし夜になると異常な行動を採るのです。寝ている旦那さんの体に
すり寄ってきて、旦那さんの臭いをいつまでも嗅いでるそうです。
最初は我慢はしている物の毎晩毎晩臭いを嗅ぐ仕草はまるでそう豚のようです。

肉屋の娘・色白・豚のような仕草。あまりにも奇妙で気持ちが悪くなり
ある晩の事、その旦那さんは真実を確かめる為、夜の妻の事を観察して
やろうと思いその日は早く寝たそうです。

妻が臭いを嗅いでる姿をそーっと薄目を開け観察していると
妻は小さな声でブウブウと唸っていたそうです。

そのうわさ話が広がり肉屋さんもいたたまれなく、どこかへと引っ越して
行きました。
関連記事
2017-08-21 12:35 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR