薬品



461 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/21 19:04
俺が中学生のときの話。
確か2年生だった。俺は理科が大好きで、実験なんか大張り切りだった。
つーことでよく理科準備室、ほら、ホルマリン漬けやら人体模型が置いてあるとこ
そこにちょくちょく忍び込んだりしてた。

そんときの話

ああ、知っているかもしれないけど、理科準備室には実験とかで使う
薬品が瓶詰にされて棚いっぱいにおいてあるんだ。



462 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/21 19:05
俺はそんな薬品の、小難しい注意書きとかを見て悦に入ってた。
そしたら或る日、その中のひとつがぽこぽこと泡立っているのに気付いた。
初めて見たときは作りたてなんだろうな、と思ったけど
その1ヵ月後にもう一度見たときもまだ泡だってんの。その次のときも。
俺は、一体どういう薬品だろうって思った。
だって、その薬品、完全密封されてるんだぜ?
ラベルもそれに限って貼ってないし、物知りの友達に聞いてもわからない。
忘れようとしたけど、すっごい気になってできなかった。

しゃあないから、忍び込んだのばれる覚悟で
その薬品のこと理科の先生にきいたんよ。
そしたら、「そんなの見たことない」だって。
「じゃあ見せたる」
その放課後、俺は先生の手引っ張って理科準備室につれてった。

ねぇの、それ。
何回も見たのに、はっきりおぼえてるのに。
「ないじゃないか」「んな馬鹿な」
結局叱られるだけだった。
で、俺はそのまま卒業して、いつのまにかそんなことわすれちゃった。
そしたら半年ほどして、


その先生捕まっちまったらしい。理由は知らんけど。
関連記事
2017-08-08 17:14 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR