祖母



566 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/29 14:14
私の家には、今年で百歳になる祖母が住んでいます。
ボケ気味で、時々訳の解らない言葉を突然叫ぶ事があります。
その祖母が昨日、食事中にこんな事を大声で突然叫びました。

「ああ!いくんやね!ちゃんと三途の川渡るんやでぇ!」

家族はいつもの事なので、その時は気にも止めませんでした。
食事も済み、母親が飼い犬の「さくら」に餌をやりに行きました。
しばらくして、母親が少し落ち込んだ様子で部屋に戻ってきました。
私は母親にどうしたのかと訊くと、母親は「さくら、冷とうなって死んでたわ」
と言うのです。さくらは高齢ではあるのですが、昼に散歩に行った時は元気でした。
その時、祖母は両手を胸の前で合わせ、何かぶつぶつと言っていました。
それを見た家族全員も、不思議な感傷に捕らわれ、皆胸の前で両手を合わせました。
関連記事
2017-07-20 22:37 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR