いわくつきのアパート



50 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/10/23 17:48
後あと聞いた話によると、当時私が住んでいたアパートが建っていたあたりは
”いわく”付きの話が多いそうでした。
どんな”いわく”なのかは、結局教えてもらえなかったのですが…。

2DKで、もたれるとぱらぱら何かが落ちてくる綿壁。
そっと歩いても、ギシギシという畳。
昼でも薄暗いのは、窓向きのせいだと思っていました。

そんな部屋に、引っ越して3ヶ月ほどたったある夜の事でした。


51 名前:50 投稿日:02/10/23 17:49
私は、2ヶ月以上も風邪をひいていて、ずっと8度から熱がさがらない
状態で、かなり体力も削られていました。

もしかしたら、そんな極限に近い状態の体力が見せた幻だったのかもしれません。

時計を見れなかったので、はっきりした時間は解らなかったのですが、とにかく
深夜の事でした。

木製の玄関を、どん、どん、と叩く音がしました。
その音で、意識はさめたのですが、どうしても目が開かず、それどころか
指すら動かせませんでした。


52 名前:50 投稿日:02/10/23 17:50
声も出ないまま、ドアを叩く音がだんだんと大きくなるのだけ聞いていました。

「……お………ぞ…」
ノックしている”それ”が何かを言ったのと同時に、玄関の隙間から真っ黒い
人型の陰が、私の寝ている部屋まで一気に飛んできたのを、目を閉じているのに
わかりました。

「お………ぞ…」
”それ”は、また何かを話しながら、今度は私の周りをぐるぐると回り始めました。



53 名前:50 投稿日:02/10/23 17:50
夢を見ているのだと思った私は、早く目をさまさなきゃと思い、唯一動きそうな
足の指に神経を集めていました。

ふいに、右手になにか繊維質のモノが障った感触がして、その瞬間に目が開きました。

そこで見たのです。

黒い陰に覆われた血走ったフタツの目。

視線があった所までしか覚えていません。

次の日目を覚ますと、猫2匹分は充分にある、長く黒い髪の毛が部屋のあちこちに
散乱していました。

怖くなった私が彼氏に相談すると、その日の内に彼氏の家へ引っ越しできる準備を
してくれました。
そして、彼氏の家に移った夜から、私の風邪は嘘のように治りました。

大阪市の、都島区にある、二階建ての小さいアパートでの出来事です。

関連記事
2017-07-04 22:17 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR