お前だー!

747 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/04(土) 19:46:23.31 ID:dudX7Rm/0
お前だー!


 絶壁に沿って作られた細い道を、男は急いでいた。大波が岸壁に叩きつけられ、男の
脚絆から股引まで濡らしていた。そこは、難所として旅人に知られている。
 こいつぁいけねえ、と男は思った。海がどんどん荒れ狂ってきたのだ。壁にうがたれた
穴を見つけた時、男は安堵のため息をついた。だが、飛沫の向こうから人が来ている
のが分かると、男の心臓は縮まった。男と老婆は穴の前で鉢合わせした。人ひとりやっ
と入れる穴だ。波はすでに男の陣笠まで濡らしている。男は意を決した。彼は老婆を突き
落とした。
 男は穴の中で波が静まるのを待った。こうして彼は、難を逃れることができた。
 その夜、宿で布団に入っていると、遠くで障子を開ける音が聞こえた。
「ここでもない」
 しわがれた女の声が聞こえた。
 障子を開ける音、「ここでもない」という老婆の声。今度は少し大きく聞こえた。
 それは繰り返された。徐々に近づいてくる。
「ここでもない」
 もう、隣まできている。そしてついに男の部屋の障子が開かお前だー!

 彼は暗い地下で長年過ごした。彼は、外に出てみようと思った。彼は地上へと続く縄
梯子を上っていった。ふたを開けると、何年も見ていない光が降り注いだ。
 彼は街を歩いた。ところが、道行く人々が彼を見て悲鳴をあげて逃げていくのだ。
 彼はショーウィンドウにうつった自分の姿を見お前だー!

 あら、何かしら。彼女はある日、右腕に米粒ほどの膨らみを見つけた。痛くもないので
放っておいたら、日に日に大きくなっていった。何か模様がある。1センチ程度になった
時、それは人面瘡のお前だー!

 腐った柿のようにぐじゅぐじゅになったお前だー!



関連記事
2017-01-09 12:35 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR