ジョギング



467 名前:火事手伝い(放火魔) 投稿日:02/06/25 00:58
東京の郊外に住んでた頃実際にあった体験です。
今から5年前の6月頃、夏に向けてダイエットしようと
ジョギングを始めました、仕事が終わって家に帰り11時頃から市街地を
周り最後は公園のグランドを何周かして息を整え終了と言うのがパターンだった。 

その公園のグランドはナイター設備等有るんですが流石にその時間には
照明も無く真っ暗で少し薄気味悪い感じだった。

そんなある日グランドでいつもの様に汗だくになった顔をタオルで拭き軽く歩きながら
手首等を回して体をほぐしてると「ジャリジャリジャリ」と遠くの方から足音が聞こえてきた
あー誰か走ってるんだなーぐらいに思い少しほっとしてた(一人で心ぼそかった 藁)

距離にして50メートルぐらい前に誰かいる、かすかに見える人影、ジャリジャリジャリという
足音、距離がだんだんちかづいていく、20メートルぐらいになった時ようやく
わかった、同じ進行方後ろ向きで、赤ん坊をおんぶしているおばぁーさん?だった、
こんな夜中になんで?10メートルぐらいちかづいてやっぱ気持ち悪いんで帰ろうとした瞬間
そいつは物凄い速さで振り返り!!

「こ~の~やろ~??が~」(??=たぶん名前)とこちらに向かって来た、
ふいをつかれ尻餅をつき体制を整え逃げた!
まじびびった、生まれて初めて失禁しました(おしっこ50ccぐらい)
逃げてる時一瞬振り返ったんだけど誰も居なかった・・・

今でもトラウマで暗がりに1対1とゆうシチュエーションが怖いです・・・
電波だったのか霊だったのか?未だに謎です。

そうそうっ!その日はシャワーするのも怖くて濡れたパンツを脱いでフルチンで
寝ました、ベタベタしてさらに寝苦しい夜でした。

関連記事
2017-05-28 12:14 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR