女性とすれ違うと



162 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/11/26 03:19
ROMってばっかりというのもなんなんで。
これは私が体験したほんとにあった怖い話です。

その日は一年の八月の頭の、熱帯夜の夜でした。
突然炭酸飲料が飲みたくなることってありますよね。
午後二時頃でしたが、私は「コーラが飲みてー!」と絶叫し、
110円を握り締めて、アパートを飛び出したのです。
その辺りに住んでるのは学生ばかりで、私自身も学生だったため、
上はティーシャツ、下はパジャマという格好で外に出ました。
そして無事にコーラをゲットし、帰途に着くことになりました。
すると、向こうから、一人の女性が歩いてこちらに来ています。
髪を肩まで伸ばし、ショルダーバックを抱えたOL風の女性で、
遠目でしたが、なかなか、美人のように思えました。
私は近眼だったこともあり、空を見上げるか、下に俯くかして歩いていました。
当然、そのまま歩くと、すれ違うことになります。
その女性との距離が、1メートル程になったでしょうか、私は視線を彼女に向けました。
その瞬間、私の呼吸は確かに止まりました。
心臓が跳ね上がり、動悸は激しさを増してゆき、
明らかに、それまでと違う汗が吹き出しました。
そこで私が見たものは・・・

163 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/11/26 03:20

なんと、彼女は、男だったのです!!

164 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/11/26 03:21
このときのことを話しても、ほとんどの人は笑い話としか受け取ってくれません。
しかし、私は確かに、ファンデーションを塗りたくり、真っ赤なルージュを引き、
付けまつ毛をつけ、腰をくねらせて歩く彼女、もとい、彼に恐怖したのです!!
正直、このときを超える恐怖は、五人に囲まれた時にも感じたことはありませんでしたし、
これからもないでしょう。と祈りたい。
いや、まじで。

166 名前:162 投稿日:01/11/26 03:38
午前二時です。
欝だ、詩嚢・・・

167 名前:162 投稿日:01/11/26 03:48
地方から出てきたものですので免疫が全くないんです。
そういうご趣味の方達がいることは承知していたし、
それに関してどうこういうつもりも全くないんですが・・・
私にとって、あの瞬間は異世界を垣間見たような、
恐怖以外の何者でもありませんでした。
今では、立派なトラウマです。
関連記事
2017-04-28 22:11 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR