虫の知らせ



298 名前::あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/09/22 19:47
7年前のことだが仲間とマージャンした後、
夜中にみんなでラーメン食いに行った。
第三京浜を180Kmで爆走中においらはポツリと一言
「ハンドルきり損ねたらみんな死んじゃうな」
みんなは引きつり笑いしながら、
「こんな時にそんなこと言うなよ」
翌日の夜のん気に帰宅。だれもいない。テーブルに上に手紙が。
”お父さんが交通事故に遭って重体です。
 入院先は・・・・・”
親父は自分が何の気無しにしゃべった時間に、
一時停止不履行のドキュンガキにぶつけられた。
三日後に死んだ。
今でもレビンを見るとムカツク。
両親が元気な人は今のうちに孝行してやれ。
死んだ後は墓参りぐらいしかできなくなる。
生きてたときはムカツク親父だったが、いなくなるとやっぱり堪える。

299 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/09/22 20:13
>>298
なんだか、本当に泣いてしまいました・・。
せつないお話提供して下さってありがとうございます。
親孝行しようって改めて思いました。

虫の知らせってあるんですね。
うちの場合はうさぎ(すいません)なのですが
とっても、可愛がっていてよくなついた
うさぎが10年目に(長生き!!)死にました。
動物嫌いでうさぎにも関心のなかった姉が外出先で
クッキーを食べているとき
「このクッキーみみ子(うさぎ)にもあげたいな。」
ふと、何の脈絡もなく頭に浮かんだそうです。
それは、みみ子が死んだ時間のことでした。
なんで、一番みみ子と接点がない奴に知らせるんだ~?
いまでも、なぜ姉なんだと不思議です。
それ以来、動物嫌いだった姉は動物をかわいいと
思えるようになったので、よかったかなーって感じです。
関連記事
2017-04-21 17:08 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR