電灯の下



215 名前:破壊の宴 投稿日:01/09/15 00:17
俺の昔の話しです。
当時まだ若かった俺は夜遊びが好きで
毎日のように1時2時まで外で友人と遊んでいました

その日もいつも遊ぶ場所で友人のTと夜更けまで遊んでいました
いつもなら2時には家に帰るのですが
その日は1時30くらいから近くにコンビニにいったため
3時まえでもまだ遊んでいました。
場所はゲーセンの近く、12時にはゲーセンが閉まり
その後いつも2時くらいまで遊ぶのが日課。
その日はコンビニにいったため3時前、
「そろそろ帰るか」
「そうやなー」
といっても別に帰っても寝るだけ・・・
なぜか夜更けになればなるほど話しに華が咲き、
時計をみると2時58分
「あ~マジに帰るわ」
そういって友人はそそくさと車に乗り帰りました。
僕は車に乗る前にタバコを吸いながら
ぼ~としてました。
横には電灯が光り虫がブンブン・・・・・
その時、3時を回ってすこし・・・・5分くらいたったのかな?
電灯が消えました、
俺の周りではこの時間に電灯が消えるのは
めずらしいことではないので別におどろきはしなかったけど
恐怖はその時に俺に襲い掛かりました。

消えてすこし青くなってる電灯の下に
髪の長い女のひとらしき影があるのです!
電灯までは2mくらいしかなく、ずっと俺一人しかいなかった
はずなおに電灯が消えるとともにその影は現れたのです。

俺はさすがに「な!!う・・ううう・・うわ・・・」
と声をあげいそいで車に乗り込みその場を離れました

ライトでてらした電灯の下には一瞬だけ女の影がうつり
すぐ消えました、
アレはなんだってのでしょう?
俺と友人をずっと見てたのでしょうか?
俺が一人になってから来たのでしょうか?
そのことがあってからあの場所には行ってません。
何人かにこのことを話したのですが
関係ありそうな話は結局一つもきけませんでした、

ただ今も電気を消す瞬間は・・・・・恐怖・・・ですね、

関連記事
2017-04-18 22:03 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR