カレー



124 名前:     投稿日:2001/07/03(火) 09:12
僕の会社はそんなに大きい会社ではないので昼食時はおんなのこと二人になる
ことが多いんです。そんな時は必ず食事をご馳走してその上に出したての精液をかけてあげるんです。
一番はじめにかけたのがカレーライス、そこのカレーライ
スはカレーのルーの中に白色のクリーム状のものが入っていて精液が解りずらい
んじゃないかと思い実行しました。まず、カレーライスを買いにいってもらいます
その間にその子の持ち物(ハンカチ・手袋・マフラー等)を利用してシコシコペットボトルのキャップの中に出します。
もちろん先ほどお世話になった持ち物
(ハンカチ・手袋・マフラー等)で後処理するのは言うまでもありません。
あとは買い物から帰ってくるのを待つだけです。
帰ってくると私におつりと食べ物を渡します。
彼女は給湯室にお茶をいれに行きます。
このときに出したての精液をかけてあげるのです。
その日彼女はチーズ入りカレーを買ってきました。
初めて買った物なので「味はどう?」「チーズカレーって美味しいの?」と質問しながら彼女
が食べているのを観察していました。
全体的にかけたんですが幸運にも一箇所だけ濃い部分があり早くその部分を食べないか待っていました。
他の部分はカレーの味と香りに消されたのか精液の味を知らないのか美味しそうに私の精液と一緒に
食べていました。そして待ちに待った濃い部分です。
スプーンですくった瞬間にダラーと精液が垂れかかったのです。
すると彼女はその精液をスプーンに顔を持っていきすすったのです。
その瞬間顔色が一瞬変わり、その上、唇からまたダラーと精液をたらしそうになりました。
しかしそれは一瞬のことでその垂れそう
な精液を舌で絡めとりまた食べ出しました。
そして一言「なんか変わった味がす
るところがある。」「美味しくないの?」すると彼女は「ううん、美味しいよ!」
私の精液は美味しそうです。
関連記事
2017-04-07 17:11 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR