歩行者


288 本当にあった怖い名無し 2013/05/15(水) 05:25:43.19 ID:TfjMF2nCO
初書き込みのため無知&長文をお許し下さい。


数日前の話。

両親は出かけていて帰路が深夜になり真っ暗な峠道を車で走っていたそうです。
その道は街灯も民家もなく
峠道だけあって急なカーブが連続するような道です。
日中は抜け道とゆうこともあり割と交通量は多いのですが夜にもなるとすれ違う車も1~2台あるかないかとゆうような寂しい道。

母は視力が低い為、いつもなら視界も悪く走りにくさもあって日が暮れるとその道は避けるのですがその日は隣に父も乗っていた為に近道だしと思い通ったそうです。
走っているのは両親の車のみと言う状態がしばらく続いた頃に一台だけ対向車が現れたそうです。
その拍子に対向車のライトに照らされカーブの先に歩行者がいることが確認できたそうです。

深夜にこんな暗い道を人が歩いている事自体珍しく何となく気味が悪いなと思ったのですが声に出すと恐怖心が掻き立てられそうだったので平然を装い母は車を走らせていきました。
歩行者に近づくに連れ、歩いているのが女性だと分かったようで
「こんな民家も街灯もないような道を深夜に女性が歩いてるなんて不用心だね」と恐怖心を紛らわすために父に話しかけると父から驚きの返答があったようです。

289 本当にあった怖い名無し 2013/05/15(水) 05:26:51.85 ID:TfjMF2nCO
その頃には歩行者との距離も数十メートルくらい?という程近づいていたため助手席に座る父には、はっきり女性の特徴が見えていたようです。
「風呂上がりか?髪は濡れてボサボサだし気持ち悪い。足元がおぼつかない感じだから酔っ払いかも?」
その一言で母の恐怖心は一気に跳ね上がり返答を返すことも出来なかったと言っていました。
あと数メートルで追い越すかな?という距離まで近づいた時、極力見ないようにしようと思いながらも視界のすみにうつる女性が明らかに何か白い布?の様なものを縦に抱きかかえてるような感じがしたのと同時に
「おい!赤ん坊!おくるみに包んだ赤ん坊を抱いてるぞ!」と父が言い出し、それからはひたすらミラーを見ないように無言で帰路についたようです。
「恐らくは生きた人間なんだろうけど、深夜にそんな格好とおぼつかない足取りや赤ん坊を抱いた状況…まして民家もないし。
どこから現れた?
何のために?
どこへ向かってる?
?なことばかりで気持ち悪いの一言に尽きるよ」
と帰宅してすぐに私に電話をかけて来ました。
深夜に電話でたたき起こされながらも母との久々の会話にはずみ偶然にも、数日前に弟がその道で同じく不思議なことを体験したことを思い出しました。

290 本当にあった怖い名無し 2013/05/15(水) 05:29:40.13 ID:TfjMF2nCO
弟の場合は、夜遅くにバイクを走らせながら帰路についていたら何かと接触した感触があり慌てて停車し当たりを何度も見回しても結局何も見当たらなかったことがあったようです。
私は自称ではありますが見える人で、よく心霊相談のようなものを受けるのですがただ見えるだけでそれが何かも解らずましてや何の意味があるかなんて全く分かりませんからただひたすら聞くだけですが、「一家してあの道には呼ばれてるのかね~」とのんきにいっていたのです。
でも最近。
母の体験を聞いてから、私は私で度々夢に似たような女性が現れるようになりました。
お母さんのせいよ~なんて冗談混じりに笑い飛ばしてますが内心怖くてたまりません。
単に親子で気にしすぎた為に度々私の夢に現れるのでしょうか?
夢の話をすると確かに両親が遭遇した女性と特徴が酷似していて、それがまた母の恐怖心を掻き立てているようです。
夢の内容は割愛しますがもう一度通って運が良ければまた女性に遭遇でき、確かめられるかも!という勇気はもちろんなく…
あまり怖くはないと思いますがつい数日前に私たち?が体験した実話です
関連記事
2017-02-24 08:26 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR