走馬燈

193 本当にあった怖い名無し 2013/04/10(水) 23:46:29.84 ID:r9SesR9R0
どこで読んだ話だか思い出せないけど、いわゆる「人生の走馬燈」の話が怖かった。
飛び降り自殺なんか一瞬で片が付きそうだけど、実際に高いところから誤って
落下して運良く生還した人の体験談によると、落下してから地面に到達するまでの
主観による時間は途轍もなく長いらしい。
何とか現在の危機的状況を回避する手段を探すために始まるのが「人生の走馬燈」と
呼ばれるものだそうで、これが展開されている間は、体感時間がとんでもなくスロー
モーションになる。事故に遭うと、周囲がスローになるっていうアレね。んでも、
高所から落下してる場合、打てる手なんかないわけで…。

助かった人曰く「あまりの恐怖に目をつぶっても、しばらく待ったつもりでも目を
開けるといくらも落ちてない。何にもできない。少しずつ近づいてくる地面を
見てるだけ」
…何があっても、飛び降りだけは選択するまいと思いました。


関連記事
2017-02-20 22:34 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR