放置

947 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/01/29(火) 14:43:14.71 ID:tCb4y3EqO
俺が18才の頃の話。

夜9時過ぎ頃、居間で姉ちゃんと炬燵に入ってテレビを見ていた。
両親が北海道出身だからか、家中を暖める癖があり、屋内のいろんなドアをよく開放していた。
不意に、姉ちゃんがゥワッという顔で、開けたドアの向こう、暗い玄関を見た。
俺「なに?」
姉「いるいる」
俺「ゴキブリ!?」(大っ嫌い)
姉「違っバカ、玄関、オッサン、こっち見てる」
なに、お化け?てかバカ?俺の反応の方が正常だろ。
オッサンは俺には見えない、何も感じない。
Gじゃなきゃ怖くない、どれ、と立ち上がって玄関へ。
俺「どの辺?」
姉「…靴脱いで、あがったとこ…」
姉ちゃん、顔で『よせ』と言っている。
この辺かな?クルッと振り向いて、顎に手を当てシャキッとポーズ。
俺「どう?重なってる?」
コクコク頷く姉ちゃん、汚物を見るような目で『このバカ』と言っている。

948 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/01/29(火) 14:44:25.87 ID:tCb4y3EqO
そうしたら俺、手に何か違和感が。何か変な感じもしてきたぞ。
おや?
ぉお!?
もしかしてこれは!?

その時、階段をノシノシと降りてくる足音が。
父「おぉい、弟、ちょっとどいてくれ」
父さんが玄関でサンダルを突っ掛けた。
俺横にどく。
台所から母さん飛んでくる。
母「ちょっと父さんやめてよ!」
父「なんだよ」
母「ラーメンでしょ!」
父さん沈黙。
母「さっきご飯食べたばかりじゃない!耄碌ジーサンじゃないんだから!」
父「ラーメン食いたいんだよ!」
母「心臓の血管詰まってるでしょ!死にたいの!?」
父「いっつも薄味薄味で、ラーメンショップに、行きたいんだよ!」

始まってしまった。俺は居間に戻り、ドアを閉めた。
炬燵に入りテレビを観る。お笑い番組で、姉ちゃんと2人でひとしきり笑った。
で、さぁもう寝るか、と立ち上がると。
姉「あんたちょっと冷たいね」

949 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/01/29(火) 14:49:59.57 ID:tCb4y3EqO
俺「いきなり何だよ、何がだよ。喧嘩なんかいつものことだ、いちいち止めない」
姉「あの場にオッサン置いてきたじゃん。カワイソ、他人なのに」
俺「…おっ…」
言葉全部飲み込んだ。じゃないとこっちでも始まる。
車庫から、車のエンジンがかかる音が聞こえた。
オッサンがどうなったか知らない。
そして、俺は寝た。

以上、これが記念すべき俺の初・霊体験だ。


関連記事
2017-02-13 12:25 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR