同情

530 本当にあった怖い名無し New! 2012/12/02(日) 16:58:54.76 ID:VlkZqSq60
越した初日に近所で女の子が事故で死んだ出来事があった。
翌日から事故現場を通る度に手を合わせ飴玉を置いていくことにしていた。
それから半年は過ぎた頃かな
深夜にテレビを観てたら、ベランダで音がして窓をガチャガチャされた。 
二階なので野良猫の仕業だと思い無視してテレビを観ていた俺。
それでもガチャガチャ何だか開けるような感じが続いた。
腹が立ちカーテンを広げたら、スリガラス状の窓に小さい両手がベタッ!と
張り付いてる光景を見てしまった。
怖いって感じより驚きの方が勝り思わず窓を開けてしまったんだ。
すうと、小学生の低学年くらいの女の子が無言で表情が無い感じでスーと入ってきた。 
「ええ?誰?どーしたの?となりの子?」完全にパニクル俺は分け分からない事を話してた
女の子は俺が座ってた座布団に座り、俺の顔を見つめてるだけ。 
その時に初めて気づき「あ!事故で亡くなった子だ」と、口に出してしまった。 
そしたら、女の子が大声で俺に「連れてきたのはあんた」低い声で叫ばれた。 
茫然としてる俺の前で段々と薄くなり最後は消えた。
後ろを振り返ると窓もカーテンも閉じられてた。 
次の日、窓を見たら薄くだが小さい手の跡が無数についてた。

むやみに手を合わせて同情した俺がいけないのか分からん・・・

関連記事
2017-02-06 17:05 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR