30の瞳


158 本当にあった怖い名無し 猫 平均体重13.2kg ぶくぶく… 2005/08/16(火) 06:14:06 ID:g+60Qb6N0
ある夏の夜のこと、その日はとても暑くて寝苦しく
熱タイヤとはこの事だといわんばかりな状態だった。
私の住んでいるアパートはエアコンがつけられる場所が
リビングにしかなく、そこに布団を持ち込み寝ることにした。
アパートはノブがトイレと玄関くらいにしかなく
玄関-リビング-各部屋という構成で、リビングのドアはレバー式
私が寝て何時間たったのだろうか、
ふとカチャリという音が聞こえた気がした。
あまり気にせずそのまま寝ていたのだが、
エアコンの稼動音は変わらないのに、だんだん寝苦しくなっていく
変だなと身体を動かそうとしても動かない、金縛り?
目が覚めて、感覚が徐々に戻っていく
腕にざらついたまるで毛の固まりのような感触があるのだ。
どう考えても布団や毛布の感触ではない
とある怪談を思い出し、私は生首が乗っている姿をイメージしてしまった。
背筋がぞくぞくする。暑いのに、汗がにじみ出てるのに寒い
私はどうにか自由に動く首を起こし布団の上を見据えた。
爛々と輝く目、目、私は驚きながらもどこか冷静に数を数える
30の瞳…15対の目だ。身体がびくんと跳ねた。

そして私はそれが何であったのか知った。答えはメール欄。
関連記事
2018-02-11 22:09 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR